今日は2月14日。バレンタインデーの静かな朝です。
   
   中2の娘は昨日から手作りチョコの製作に楽しそうに取りかかっていて、
  今朝には小さなチョコ30個くらいが出来ていましたが、そのなかに若干
  大きめなチョコが一個。そのチョコの行き先が妙に気になって仕方がない、
  乙女心ならぬオヤジごころな今日の一日です。

   早いもので2月も中盤。今年に入ってからすでに1カ月半も経ったんです
  ね。 が、しかし寒さは変わらず。今年の気温はいったいどうなったんでしょ
  うか・・・。
 
    昨年、南部町ではたいへんな水害がありました。その影響で今年の冬
  は浸水した床などの改修工事や古い家屋の解体工事などのご依頼を受け
  ていまして、当社の基礎土木班は現在その住宅解体業務などを進めてい
  ます。
   寒さが施工品質に影響しない解体工事は、施工時期としては、まあちょう
  どいい冬季作業だとも言えます。

   で、今回のコラムはそんな住宅の解体工事のことなどを書いていきたい
  と思います。

   「家屋解体工事?堀内さんたちはそんな仕事もするの?」 
  みなさん、そう思ってませんか?  当社はけっこうやるんですねー。
  建て替え新築の場合の解体工事はもちろん、家屋解体だけのご依頼もお
  受けしています。
   ちなみに解体工事は全く利益は無く、逆にほとんどが赤字。それでもお
  受けしているのにはちゃんとした理由があります。
   
   当社の場合、家屋を解体する前に私が一通りいろんな事を調べます。
  水平の変異、基礎沈下に始まって、素材の変化、木材の影響、構造材の
  材種や太さとその影響、断熱材の経年変化、土台の影響、シロアリ、コ
  ンクリート、鉄筋の状況、そして地盤の強度と基礎への影響などなど・・・。
  
   古い住まいのほとんどは大きな地震を何度も経験し、また台風や積雪
  などの影響を受けて現在に至ります。言い変えれば、ある意味貴重な家
  屋の実験結果とも言え、その住まいを解体する時ほどその学習データを
  得るいい機会は他にありません。 つまり住宅解体はその進行すべてが
  授業料を払ってもいい大変な勉強のチャンスということなんです。 私な
  んかは建設の学生に一通り見せたいと思っているほどです。

   いろんな事が分かるんですよ。木組みの強さや樹種の長年の影響、特
  に感じるのは通気の大切さや蒸れ(ムレ)の影響、また、プラスチック・ゴ
  ム製品の時間変化の影響も大きいです。
   スゴイのは、木組みを揺らしてみると火打ち材や構造材接合部の影響
  など地震時の負担の様子が簡単に理解出来ます。そんな機会ってなか
  なか無いですよ。

   当社は、古い建築から得られる貴重で重要な技術データを新築に生か
  しています。それが昔造った棟梁や職人への敬意でもあるし、そこに住ん
  できた方々、新築したとき夢の住まいだったはずの先代の方々への恩返
  しでもあります。
   昔の職人衆の技術や消えゆく住まいの「深い思い」をしっかりと受け止
  める。それが家を新築する技術者の義務でもあると思うのです。
  
   それにしても 、ほんと解体現場って、いい意味で面白いです。宝物が
  出てきたりもするんですよ!
  さて、コラム記載はこの辺までにさせてもらって、解体作業がやっぱ気に
  なるのでこれからまた現場を確認しに行ってきます。

   ただ、現場ではボーとして怪我でもしないよう気を付けますね。 
  娘が作った大きめなチョコ1個の行方がなんとも気になりまして・・・
  

         ( 2012年 2月 14日 バレンタインデー /   堀内将人 )



  
 
  
form follows function  
 株式会社 堀内工務店 アーキテクツ ×                堀内将人・新・建築設計
 進行中の住宅解体現場です。

  骨組みはしっかりしていました。
  日本の職人技術の高さをいつも感じます。

 梁と柱の接合にくぎが使われていません。
  それでもしっかり組まれていれば柔術で地震力
  を逃がしていることが分かります。
 
   
 キニナルコトナド・・・
     
   

■多彩な建築スタイル

■コンセプト「本物の家創り」

if it hides it,
    it is a flower
 
   完成した時
     本当の
      良さを知る。
   本来、宣伝は
        無意味。
   秘すれば 
         花なり。

       


   
   
 堀内将人のコラム 2012・2・14
  
   
 仙台在住の依頼主Sさん、気になっているかと
   思いますが、ご覧の通りの進行状況です。
   来週には解体工事が完了します。
   
   決して大きな家ではないですけど、いい大工さん
   が造った立派な住まいでしたよ。


   
Horiuchi Architect Design
if it hides it,it is a flower 
 Horiuchi Architect Design

■計画中の建築      〜2011

 [一級建築士事務所]

■完成・施工中建築  〜2009 

■堀内工務店からの豆知識

■メールにてお問い合わせ

form 
   follows 
      function 
 

■展示会のご案内

■堀内将人のコラム

■安心安全な家創り

   住まうヒトの
      便利な機能が
          最優先。
   形態美は
      機能美に従順。

       


   
   

■堀内工務店のいろんな仕事 

■堀内工務店の施工術

堀内将人のひとりごと

■計画から完成まで

■素朴な質問 FAQ

■会社案内

■スタッフ紹介

■建築作品 Works7  新店舗

■建築作品 Works8  最近作

■建築作品 Works5  〜2008

■建築作品 Works9  計画案

■建築作品 Works6  大改修

Copyright(C) 2000 Horiuchi Co., Ltd All rights reserved.

■建築作品 Works3  〜2006

■建築作品 Works4  〜2007

■建築作品 Works1  〜2000

■建築作品 Works2  〜2004

■堀内工務店の「総合力」