3月までの寒さはどこへやら。

    急に暖かくなりましたね。 ソメイヨシノもアッという間に咲き乱れ見事に満開。
   今年は、いつもよりうまい華道家の手によって一気に「季節・春」が演出されたよう
   です。
   先ほど車中で見た風に舞い散る花ビラの様子は、まるで中川幸夫の花の世界を
   思い出させてくれるほどキレイ。 日本ってやっぱいいですね・・・。

    さて私の業務、このところの3週間はだいぶバタバタしました。基本計画や実施
   設計、現場監理、授業準備に加えて新たな建築確認申請・・・  と、そこに出張
   が入ったり、そして新たな計画やご契約・・・

   ところで・・・
    バタバタな日常をこの私、器用にこなしていると皆様お思いでしょう。 が、残念。
   実は私、とても不器用な男で、一つの事柄に夢中になって他が見えなくなる悪い
   クセがあります。ひどい時には耳もクローズしまして、呼ばれても気付かないほど。
   このへんは20代からそうだったので、おそらく、もう治りませんねー・・・。
   
    アブナイのは車の運転時。 私の場合、運転中は計画や現場のことで頭がイッ
   パイ。 周囲の人に 「車ですれ違ったけど無視された・・・」とよく言われますが、そ
   もそも考え事だらけなので対向車をまったく見ていません。 目的地の方向と別な
   方向の、よく通る道を考え事しながら走ってしまって、ハッと気付いて戻ることがよ
   くあります。  車の重大事故が何件か続いていますので、そこんとこはほんと気
   を付けますね。 
    そうそう、仙台時代も。 雨の日考え事しながら歩いていて、一番町から仙台駅
   までのアーケード街を傘を差したまま歩き通したことがあります。やっぱ20代から
   やってることは同じですね・・・。(ホントです)

    今日は、コノトコロの3週間の私の日常、バタバタな様子を写真で紹介したいと
   思います。不器用なために何でも自分で手を付けてしまう、経営者失格な私を少
   し笑って眺めてもらえればと思います。
    残念ながら死ななきゃ治らない・・・。はい、自覚しております。

   そうです。 今回のコラムも前回に続く「不器用というお待たせな言い訳」・・・
   長文ながら誠に失礼。  読んでくださってありがとうございます・・・
   
                        ( 2012年 5月 2日   /   堀内将人 )

   追記: 天才華道家 中川幸夫氏の訃報を先日読売新聞が小さく伝えていました。
       作品も生き方もスゴイですよ。ぜひ作品集など見ていただきたいです。
       ご冥福をお祈りします。
    
                   
  
 K様邸での上棟式の様子。
  宮司さんは呼びませんで、私が最初に祈祷させて
  もらいます。 いい上棟式でした。
  

form follows function  
 店舗の確認申請許可を取得してひと安心。
  非常用照明の設置に関して指導課長から指摘を受けるも主事と一緒
  に受け流す。

  以前から依頼を受けていた新たな計画で3週間悩み続け答えを出す。
  
  

 校長先生から感謝状をいただく。
  なにより雑談が面白かった。桜並木を近隣住民へ開放する計画。
  先生はだいぶ発想が新鮮で楽しい方。


  

 徹夜明けの八戸高専での授業。
  屋上テラスに実物大木造フレームを造ってしまう。
  この日の夜3日ぶりに、たぶん死んだようによく寝る。
  

 静岡へ。 出張ついでに訪れた芹沢圭介美術館。
  時間外にも関わらず裏から入って館内の方に案内してもらう。写真も
  撮らせてもらって感激。自分のスナップ写真まで撮ってもらって失礼。
  入館料をを払わなかったことに後から気付く。 ほんと失敬。


  

 株式会社 堀内工務店 アーキテクツ ×                堀内将人・新・建築設計
 コノトコロノハナシ・・・
     
   
 K様邸 中間検査の様子。

  「オッケーです・・・」 に一安心。
  明日から4日間の連休、少しゆっくり休みます。


 特殊建築物の確認申請書を一人で書き上げる。後半3日は徹夜。
  提出しに行って、八戸市の新しい建築主事が知り合いだったのに
  驚く。  「あら、ほりうっつぁん!・・・」 「あれ?石鉢さん!」

  

■多彩な建築スタイル

■コンセプト「本物の家創り」

if it hides it,
    it is a flower
 
   完成した時
     本当の
      良さを知る。
   本来、宣伝は
        無意味。
   秘すれば 
         花なり。

       


   
   
 堀内将人のコラム 2012・05・02
  
   
 東京、白井晟一の建築を訪ねる。
   私の言葉でこの建築を語ることは出来ません。
  
  

Horiuchi Architect Design
if it hides it,it is a flower 
 Horiuchi Architect Design
 出来た計画。
  「RCで造りたい」と言ったところいい感触。

  外観は気に入った様子で妙にうれしい。

  

■計画中の建築      〜2011

 [一級建築士事務所]

■完成・施工中建築  〜2009 

■堀内工務店からの豆知識

■メールにてお問い合わせ

form 
   follows 
      function 
 

■展示会のご案内

■堀内将人のコラム

■安心安全な家創り

   住まうヒトの
      便利な機能が
          最優先。
   形態美は
      機能美に従順。

       


   
   

■堀内工務店のいろんな仕事 

■堀内工務店の施工術

堀内将人のひとりごと

■計画から完成まで

■素朴な質問 FAQ

■会社案内

■スタッフ紹介

■建築作品 Works7  新店舗

■建築作品 Works8  最近作

■建築作品 Works5  〜2008

■建築作品 Works9  計画案

■建築作品 Works6  大改修

Copyright(C) 2000 Horiuchi Co., Ltd All rights reserved.

■建築作品 Works3  〜2006

■建築作品 Works4  〜2007

■建築作品 Works1  〜2000

■建築作品 Works2  〜2004

■堀内工務店の「総合力」