〜コラムをチョク〜チョク読んでいただく大変ヒマ〜な皆様方、たま〜にお付き合
   いをいただき、誠に〜誠に ありがとうございます・・・。 
    失礼。 綾小路きみまろ風に書き出してみました。

    おはようございます。 

   季節は初夏ですね。 名久井岳の新緑はいつの間にか深い青に変わって、山が
   さらにどっしりと、また少し高くなったようにも感じます。 山々はいい色彩になりま
   した。
   
    今日は6月9日の土曜日。
   当社は第二土曜日だけは休日にしていまして、よって今日は月一回の連休。当社
   職人も最近の忙しさでお疲れモードでしたが、ちょうどいいタイミングのリフレッシュ
   休暇になりそうです。
    私はというと、やはり土日の打ち合わせは多くて、今日もお二組の方と打ち合わ
   せ。ただ現場が動いていないと気持ち的には半分休日モードという感じです。
    あっ、いや、土木の現場が一つ、公共工事が動いていた・・・名久井岳の・・・
   忘れている訳ではありません。 土木職人の掘削は一段落、慣れた専門の職人が
   来ているのでお任せ中。そう、「気にならない」 ほど順調に進んでおります。

    今日はちょっとなじみの少ない、その土木工事について少し書きますね。
   
    建設工事は大きく二つ、「建築工事」と「土木工事」 に分かれます。
   似ているようですが全く別でして、技術も学会も構造計算も地震力も、すべての考
   え方が、驚くほど違います。 えっ、なぜそれを知っているか?・・・・
   私の場合ちょっと経歴が特殊でして、30代のとき土木技術を習得したいと考えて
   数年間土木技術の現場で働いた経験があります。 ちなみにチェリーセンターの
   裏にある馬淵川に掛かる橋は私が担当、他、ポートアイラン連絡橋、島守にある
   新しい巻橋、高速道路八戸道十日市工区などけっこう難しい技術現場をこなして
   いたりします。
   
    「違いは?」 そうですねー、一番驚いた違いは、同じでいいはずの「鉄筋コンクリ
   ートの構造計算」でしょうか。土木では鉄筋の圧縮力を計算で負担させ考慮します
   が、建築では無視します。地震水平力でも、建築の場合地域特性を配慮しますが、
   土木では一律3割と単純。 こんな基本的な根幹部分が違うんですよ。
    
    ちなみに当社は公共の土木工事も年に数件施工しています。 私の場合、土木
   工事も実は嫌いではありませんで、建築工事とは違った技術的な面白さがあるん
   ですね。
    しかしほんと困るのは、この町での土建マフィアのご活躍。 ただしその辺の嫌
   な話には私、一切関わりませんのでそこはご安心を。 それにしても、田舎の町は
   相も変わらずで困ったものです。 

    変な話はさておきまして・・・
    当社は建築現場に土木技術も生かしています。住宅基礎施工時は当然ですが、
   コンクリート土留、宅地盛土造成では土木技術の経験がすごく生きていると自負し
   ています。地盤工学や土質力学、コンクリート材料技術などの土木技術も、当然
   奥が深いです。

    そして今回の写真は、現在進行中の名久井岳の絶壁、難しいながらもとても景色
   がいい現場を紹介しますね。 
     「えっ?堀内さんたち、こんな現場もやるの?」 と思っていませんか?
     嫌いじゃないんで、やるんですねー。
   なにがいいって、こんな現場で昼ご飯食べるとすっごい美味しんですよ・・・
                  ホント・・・    え?そこかよ!って?  はい。
   

                     ( 2012年 6月 9日 早朝   /   堀内将人 )

   
  
  
form follows function  
 株式会社 堀内工務店 アーキテクツ ×                堀内将人・新・建築設計
 シンセンデスネ・・・
     
   

■多彩な建築スタイル

■コンセプト「本物の家創り」

if it hides it,
    it is a flower
 
   完成した時
     本当の
      良さを知る。
   本来、宣伝は
        無意味。
   秘すれば 
         花なり。

       


   
   
 堀内将人のコラム 2012・06・09
  
   
Horiuchi Architect Design
if it hides it,it is a flower 
 町を見下ろす名久井岳天空の土木現場。

  晴れた日には八甲田山系をきれいに望む。
  
  土木工事は 「現場を進める作戦」 になん
  とも言えない面白さがある。

  



 Horiuchi Architect Design

■計画中の建築      〜2011

 [一級建築士事務所]

■完成・施工中建築  〜2009 

■堀内工務店からの豆知識

■メールにてお問い合わせ

form 
   follows 
      function 
 

■展示会のご案内

■堀内将人のコラム

■安心安全な家創り

   住まうヒトの
      便利な機能が
          最優先。
   形態美は
      機能美に従順。

       


   
   

■堀内工務店のいろんな仕事 

■堀内工務店の施工術

堀内将人のひとりごと

■計画から完成まで

■素朴な質問 FAQ

■会社案内

■スタッフ紹介

■建築作品 Works7  新店舗

■建築作品 Works8  最近作

■建築作品 Works5  〜2008

■建築作品 Works9  計画案

■建築作品 Works6  大改修

Copyright(C) 2000 Horiuchi Co., Ltd All rights reserved.

■建築作品 Works3  〜2006

■建築作品 Works4  〜2007

■建築作品 Works1  〜2000

■建築作品 Works2  〜2004

■堀内工務店の「総合力」